通信教育卒業生が教える 保育士資格取得 通信教育でのピアノの履修

通信教育卒業生が教える 保育士資格取得

通信教育でのピアノの履修

TOPページ ピアノについて > 通信教育でのピアノの履修

通信教育でのピアノの履修

保育士資格を始め、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許などの取得にはピアノを弾けることが
求められます。

保育士資格を取得できる大学や短大でもピアノの単位取得は必須となっています。

学校からはピアノ学習のための教科書、例えば「音楽Ⅰ」とか「音楽Ⅱ」といったようなものが
郵送されてきます。

音楽の理論についてはテキストや参考図書を見るなどして、与えられた設題で
レポートを記述して合格することで履修することができます。

しかし、ピアノの実技となるとそう簡単にはいきません。

通信教育なので、基本的には家でピアノの練習をすることになります。

通信制の学校が通える範囲にある場合は、その学校のピアノを借りて練習しに
行くこともできます。

ここで私が言いたいことは、ピアノをレッスンしてくれる先生を自分で探さなければ
ならないと言うことです。

既に子どもの時からピアノを習っていたり、趣味で弾いている場合はいいのですが、
大人になって全く初めからピアノを習う場合は、信頼できそうな先生が必要ですし、
それなりに時間も必要になってきます。

ピアノ実技を履修するには、与えられた課題曲を弾けるようになることを求める学校が
多いです。

テストはスクーリングの中で行われたりするので、先生の前でテストの課題曲を弾いて
合格なら単位の履修となります。