通信教育卒業生が教える 保育士資格取得 通信教育での保育実習

通信教育卒業生が教える 保育士資格取得

通信教育での保育実習

TOPページ 保育実習について > 通信教育での保育実習

通信教育での保育実習

保育実習は、通信教育の科目の中でもピアノに続く難関でもあります。

保育士資格を国家試験を受験しないで取得するには、厚生省が認可した大学や短大、
保育士養成の専門学校などで保育実習の単位を履修しなければなりません。

保育園や知的障害児(者)更生施設、乳児院など、実習先の決定は学校の斡旋ではなく、
自分で探して実習させてもらうという方式をとっています。

幼稚園教諭も取得する場合は大学付属の幼稚園などで実習する学生もいるようです。

自分で実習先を探すのは、好きな施設を選べる半面、自分で電話をかけて申し込まなければ
なりません。これは、初めての学生にとってはちょっと大変かもしれません。

保育実習は2つの施設をそれぞれ、2週間ずつ実習します。

提出用の実習簿があり、実習した日の日誌や指導案などを書き、実習が終わったら
施設長や園長から採点してもらって、最終的に学校が評価をします。

実習はハードだったりしますが、子どもと関われたり新しい発見があるなど、
メリットも沢山ありますよ。