通信教育卒業生が教える 保育士資格取得 スクーリングとは?

通信教育卒業生が教える 保育士資格取得

スクーリングとは?

TOPページ スクーリング > スクーリングとは?

スクーリングとは?

スクーリングとは、通信教育生が授業を受けることが出来る制度のことです。
別名、面接授業とも呼ばれています。

なぜスクーリングがあるのかと言うと、実技を伴う学習を習得することや、
実際に授業を受けて分からないところは先生に聞けたり仲間に聞いたりと、
理解を深めることができる点が主な理由です。

他には、

・友達や仲間ができる。
・先生と直接会って話せる。
・ちょっとした観光ができる。

と、良いことが多いです。

通信教育は実に孤独な勉強です。

一つ分からなくなると、気になって勉強が進まなくなったりすることがザラにあります。

しかし、スクーリングで友達ができると、分からないところを教えあったり、
レポートを見せ合ったりと、断然楽に勉強を進めることができるようになります。

このように、スクーリングは通信教育生にとってなくてはならない学習です。